scratchで絵を描く(角度について)

テキスト P63 の補足です。というか、私が悩んだことです。

scratchでは、スプライトを動かして線を描くことが出来ます。スプライトを動かして、正方形を描くという内容です。

テキストでは、「動き」の中の「X度回す」を使っていますが、「X度に向ける」を使った方法を説明します。

スプライトの向きは、今、現在の状態から何度動かすか、、、ではなく、向けるなので、

上の図のように、上に向いて欲しければ、0度、下向きなら180度、右向きなら90度、左向きならー90度 を 「動き」の中の「X度に向ける」のXに指定します。

この向きは、赤い四角内の角度と同じになります。「180度に向ける」とした場合、ここの角度も180に変わります。

注意、スプライトの向きが上、下を向くことはないみたいです。向くのは、右と左だけみたいです。スプライトがどの方向を向いているかは、歩かせてみたら分かります。上方向に歩けば、上を向いているし、下方向に歩けば、下を向いています。

「動き」の中の「X度回す」について

「動き」の中の「X度回す」は、今の方向から、何度回すかという事です。


上の図のように向いていた場合、左方向に90度回せば、真上ということになり、「0度に向ける」と同じことになります。

私、「X度回す」と「X度に向ける」の2種類があることを知らず、今の方向から90度、向けたいのに、なぜ、向かないの?と悩んでいました。「X度に向ける」を使っていたのが理由でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です